個人レッスン

システム

●担当教師

東京ソーヤ代表前田

●担当科目

算数(中学受験)、数学(高校受験)、国語(中・高受験指導)・小論文・作文、主要5教科基礎指導(小中高)、松永暢史開発の教育メソッド指導者

 

●料金

直接レッスン料 4,500円/時 

オンラインレッスン 4,000/時

出張費 2,000/回〜

<レッスンの特色と狙い「基礎能力開発と好奇心に基づく教育」>

 

レッスンは、基礎能力開発とお子様の好奇心に基づく教育を実践しています。

 

塾に通っていても成績があまり伸びない。学習時間が確保できているのに、その割には成長しない…。こうした悩みをお持ちではないでしょうか。

これらのケースのほとんどは、「基礎体力」の不足が原因と言えるかもしれません。

受験勉強を本格的に始める前に、まずはこの「基礎体力」を十分に培う必要があります。

レッスンでは、松永先生が掲げる賢くなるために不可欠な「音読・計算・作文・パズル」の能力開発に重きを置いています。これらの能力を身につければ、受験勉強もはかどることは間違いありません。

特に、中学受験か、あるいは高校受験にするかまだ検討中、でも学習する楽しさを感じさせ主体的に学ぶように仕向けたい…、こうした受験とはまだ無縁のお子さまにおいても、本人に合った最適な学習プランを提案することができます。

 

また、子どもに勉強を無理強いするのではなく、徹底して本人の主体性を導き出します。

強制的に勉強させた場合、その学習のほとんどは子どもの心に刻まれまれることなく、ただ時間の浪費に終わります。

ですから、教師の本分は、いかに勉強が面白いものかを子どもに伝えることであると考えています。

レッスンでは、本人のやりたいことをやらせながら、主体的に行動するよう仕向け、その後苦手科目・単元の克服するチャンスを引き出すことを狙いとしています。

 

基礎能力を培いながら、中学受験、高校受験、大学受験の基礎トレーニングなど幅広く対応いたしますので、どうぞお気軽にV-net教育相談事務所までご相談くださいませ。

<レッスンの詳細 – #1. 能力開発出張レッスン ->

出張直接レッスンをおこなうこともできますが、オンラインレッスンも随時受け付けております。

ただ、ご自宅でレッスンすることは、家のなかで勉強しやすい雰囲気を演出するという意味でも大変効果的です。

以下に、これまで指導してきた詳しいレッスンプラン例がございます。

お子様だけのレッスンプランの提案の参考にしてください。

 

レッスンプラン その1「古典音読とサイコロ計算」

内容:松永メソッドである古典音読法とサイコロ計算法を学習します。最もオーソドックスなプランです。古典音読は音読法と共に歴史解説もおこないます。サイコロ計算は年齢に合わせて、足し算、掛け算のトレーニングを行います。

対象:小学1年生~

※お子様の体力次第で、プラン内容・時間を相談することもあります。

時間:90分~

 

【古典音読のカリキュラム例】(音読60分レッスンの場合)

1~4週目 口の形の確認、カタカムナ、古事記、万葉集、古今和歌集

5~8週目 竹取物語、土佐日記、枕草子、源氏物語

9~12週目 更級日記、大鏡、梁塵秘抄

13~16週目 方丈記、平家物語、徒然草

17~20週目 高砂、本朝永代蔵、奥の細道

21~24週目 南総里見八犬伝、舞姫、にごりえ

※これ以降も「ソクラテスの弁明」、「学問のすゝめ」など、さらに音読を継続していことを推奨します。

レッスンプラン その2「古典音読と理系基礎能力開発」

内容:古典音読、サイコロ計算に加え、パズル問題を扱います。算数を得意にしたい方、「算数」と聞くだけで意欲を失ってしまう方にオススメ。パズル問題は、教師が多数ご用意しております。お子さまと相談しながら、必要な能力を開発できる教材を選びます。

対象:小学1年生~

時間:90分~120分

 

【カリキュラム例】(90分の場合)

古典音読(音読と解説)     45分

パズル問題(5から10題程度) 30分

サイコロ計算(引き算、掛け算) 15分 

 

レッスンプラン その3「音読と作文能力開発」

内容:音読レッスンに加え、作文の指導もおこないます。作文題材は「自己紹介」作文に始まり、ファンタジー作文や旅行記など多岐に渡ります。お子さまの書きたいことを尊重しながら扱うテーマを選び出します。

対象:小学3年生~

時間:120分

【カリキュラム例】(120分)

古典音読、物語音読  60分

作文         60分

<レッスンの詳細 – #2. 受験指導 ->

 

【私立中学受験算数】

中学受験においては、算数の指導を中心におこなっております。

「暗算力、パズル思考、分数四則混合、単位変換、線分図、面積図、整数問題、規則性、確率」といった大学受験まで続く基礎的な単元の理解が不十分な場合、できるだけ早めにお問い合わせください。

なお、場合によっては、国語、理科、社会などの指導に携わることも可能です。

 

【公立中高一貫受検】

科目の振り分けが曖昧な公立中高一貫校の学習においても、理系・文系にかかわらず指導することが可能です。

作文能力を開発しつつ、理科の知識を定着させ、理科系の思考力を身につけられるよう指導していきます。また、フィールドワークにも合わせて参加することをオススメします。

 

【高校受験生】

高校受験指導として英数国それぞれの直接指導の実績があります。また、学内の中間期末テストの学習方法、学習計画を共に考え、「ペースメーカー」としての役割を担いながら、全教科を指導することが可能です。本人の特徴に合わせて、必要な科目・単元のみの指導も柔軟に対応いたします。